免疫力を高めるために食事による体質改善を紹介してきましたが、
その影響は睡眠の質にも影響します。

 

免疫力を向上させる食事とホルモンの関係とは
免疫と睡眠

 

ホルモンの中には睡眠の質を向上させるメラトニンというホルモンが存在します。

 

メラトニンは朝目が覚めた時に日差しを浴びることにより
毎日リセットされて、その時間から15時間後に分泌されることがわかっています。

 

 

つまり、規則正しい生活をすることで自然と寝る時間が一定になり
睡眠の質が向上するのですが

 

 

このメラトニンには強い抗酸化作用があり免疫機能が活性化するとも言われています。

 

 

しかし、現代人にとっては規則正しい生活を送ることは難しい問題です。

 

 

そこで、ならべく食事からメラトニンを分泌させるホルモンを増やすことで
可能なかぎりメラトニンの分泌量を増やしましょう。

 

 

免疫力を上げるための食事が睡眠の質を上げるとは

 

メラトニンはセロトニンというホルモンを元に作られと言われており
このセロトニンはリズム運動をすることで分泌が増えることがわかっています。

 

 

リズム運動とは
ウォーキング・咀嚼・ガムを噛むなどもリズム運動ですので
食事をしっかりと噛むことはダイエット効果も期待できるのでさらに有効です。

 

 

またセロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンを原料にしています。

 

 

トリプトファンが豊富に含まれている食品がありますが
それは当サイトでもおすすめしている

 

 

アーモンド、くるみなどのナッツ類とごま、納豆や木綿豆腐などの大豆製品に加えて
含有量自体は多くはないものの手軽に取りやすいのは牛乳です。

 

 

動物性蛋白質にもトリプトファンは多く含まれていて
牛レバーや豚ロース、すじこやかつお、さけなどの魚介類にも豊富です。

 

 

規則正しい生活や質の良くない睡眠を取っている人の場合
なかなか寝付けないという方もいるはずですが

 

 

寝酒などは絶対に避けて、ホットミルクを飲むようにしましょう。

 

 

セロトニンは幸せホルモンともよばれ神経をおちつかせ
いらいらやもやもやを取り去ってくれる物質ですので
積極的に分泌を促していきましょう。

 

 

セロトニンの効果については以下のサプリのページに詳しく説明が書かれています。

トップへ戻る