男性ホルモンを増やすための方法は
専門医によるホルモン補充、ED薬、筋トレ、食事だけじゃない。

 

身近にある意外なことがホルモン値のバランスを取ります。
男性ホルモンを増やす

 

まずは睡眠です。

 

男性ホルモンは夜中に回復するので良い睡眠を摂るために
深夜までゲームやパソコンをするのは控え

 

寝る前に顔の近くでスマホの画面を見続けるなどはさけましょう。

 

ここまではこのサイトにおいて他の記事でも書いたことですが
ここからはすぐに実践できるいますぐできることです。

 

 

ライフスタイルと男性ホルモンの関係

男性ホルモン値が低下しやすい人の特徴として

 

・真面目で融通がきかない
・完璧主義
・趣味などの娯楽に興味がない
・友だちがすくなく夫婦であっても日々の会話が少ない

 

つまりはストレスの発散が難しいということになります。

 

ストレス

 

では、それを解消するためにどんなことができるのかというと

 

  1. 自分の好きな場所など「居場所」を作る
  2. 男同士で遊べるような趣味をつくる
  3. おしゃれをしてみる
  4. わらう

 

1.に関して
自分が落ち着ける場所をみつけることでストレスを軽減できます。

 

2.については
共通の趣味を持てば必然的に笑ったり会話することでストレス値が軽減します。

 

 

洋服を思いきっていつもより着飾ることで
外に出てみようという気持ちになるものです。

 

新しいファッションに抵抗があるなら、いつもは着ない色の洋服を選んでみたり
ちょっとした変化で遊びココロというにはもつことができるます。

 

 

笑うということは非常に大切です。

 

 

もうすこし具体的に何をするとどれくらいストレ値が減るのかについての研究もあります。

 

イギリスのサセックス大学の研究チームの実験によると

 

読書:68%減少
音楽鑑賞:61%減少
紅茶・コーヒーを飲む:55%減少
散歩:42%減少
ビデオゲーム:21%減少

 

 

本を読むというのは好きな人にはわかると思いますが
面白い本に出会うと本当に寝ることも惜しんで本を読んでしまいます。

 

その夢中になるという体験がストレスを軽減させる大きな要因になるようです。

 

 

夕食後は睡眠のことを考えるとノンカフェインの飲み物のほうが良さそうですが
紅茶やコーヒーは日中に飲むと考えたほうが良いと思います。

トップへ戻る