恒常的なストレスの増加は男性更年期障害の最大の原因の一つ。

 

ストレスの軽減には風呂や音楽や趣味なども大事だが、やはり筋トレによる効果は欠かせない。
トレーニング1

 

寝る前にストレッチをすることで眠りの質を改善するだけでなく
より早く眠りにつくことができると言われています。

 

様々な方法がありますが、最も簡単だと思われるものを
動画で紹介しますが、かかる時間はたったの3分です。

 

 

足腰の強化は万能すぎる筋トレ方法

ストレッチで身体をほぐすとともに足腰を鍛える運動をプラスしましょう。

 

足腰を鍛えることで
体内の血のめぐりがよくなるため、脂肪の燃えやすい代謝のよい体に変化
体全体が活性化していきます。

 

 

個人的な体験としては腹筋などのトレーニングだけをやるよりも
足腰のトレーニングをプラスすることでより腹筋や全身のバランスが整った実感があります。

 

 

上半身のトレーニングよりも先ずは下半身から鍛えるほうが
体を支える土台を作るには早いと感じています。

 

 

では、具体的に何をするのかというと

 

ふくらはぎを鍛える「カーフレイズ」と「スクワット」です。

 

 

スクワットは正しいフォームで行うことが何よりも重要です。

 

動画を見て姿勢をチェックしたら必ず鏡に向かってフォームをチェックしながら
ゆっくりと最初はトレーニングをしてください。

 

自己流でなんとなくやるのが一番無駄ですよ。

 

 

男性の体重の訳40%は筋肉でできていると言われていますが
そのうちの70%は下半身に集中しています。

 

 

40代以降の男性は下半身の衰えが顕著だそうですが
それをスマートになったと勘違いして放置してしまう傾向にあるので

 

 

しっかりと下半身を鍛えてテストステロンを増やし
ストレスを軽減して更年期障害に備えましょう。

トップへ戻る