朝立ちするかの確認方法

朝立ちしないのかを確認する目覚ましなしの睡眠について

男性にも更年期障害がある

 

男性更年期障害

 

 

女性における更年期障害として有名な症状の1つに体内に熱を持ってしまうという身体的な症状がありますが、男性の更年期障害は女性のように身体的な症状が劇的に現れなかったり、ある病期と間違えてしまうような症状がでることがあります。

 

 

具体的に表れる症状として多いのは

 

  • 集中力の低下
  • 無気力
  • 不眠
  • 不安感

 

 

 

この症状がでると多くの人はうつ病になったのではないかと疑ってしまうかもしれませんが、男性の更年期障害である可能性もあります。

 

 

 

 

加齢とともに朝立ちしなくなる原因の一つに、男性の更年期障害が関係していると言われているのは、更年期障害に大きく影響しているのが男性ホルモン(テストステロン)の低下による身体的な機能低下が影響していると考えられているからです。

 

 

 

ストレスが原因で勃起しなくなると言われているのも、加齢とともに減少する男性ホルモンはストレスによっても低下することが分かっています。

 

 

 

ストレスにより自分にうつ的な症状が見られている場合でも、更年期障害による鬱的な症状がでている可能性も有り、男性ホルモンを活性化させることによって症状を改善させることができるかもしれません。

 

 

まずは、自分がどの程度男性ホルモンが低下しているのか簡単にチェックできる方法でためして見ましょう。

 

 

朝立ちの頻度を調べる方法とは

 

 

男性は寝ている間にも無意識のうちに何度か勃起することがあるそうです。

 

 

 

朝立ちを含む就寝中の勃起は男性ホルモンの「低下」によりその頻度がどんどん少なくなってきます。

 

 

朝立ちを最近ぜんぜんしていないなぁ→更年期障害!!というわけではないですが、1つの目安になるのでまずはこのテストを試しましょう。

 

 

目覚まし

 

 

目覚ましをかけずに目を覚ましたときに朝立ちをしているのかを確認する。

 

 

なかなか日常生活において目覚ましなしで朝目覚める人はいないと思いますが、休日などに時間をとってゆっくり睡眠時間を取ることができる日を選んで確認してみてください。

 

 

 

自然に目が覚めたときに勃起していない場合、男性ホルモンの低下などによる男性機能低下の可能性があります。

 

 

できれば1週間単位で計測するのがおすすめですが、土日に目覚ましをかけずに様子をみるというのは何週か試してみましょう。

 

 

 

更年期障害に代表されるような男性機能低下、男性ホルモンの低下と思われる症状が出ていたとしても解消法はあります。

 

 

 

食事、運動、睡眠の質を向上させ、基礎代謝の向上と成長ホルモンの分泌を増やすことです。

 

 

この解決方法は多くの人がわかっていながらできない問題だと思います。

 

 

生活習慣を変えるのは時間がかかるし、運動習慣がない人は運動を始めるのはハードルが高いですよね。

 

 

更年期障害はメタボリックシンドロームを引き起こす原因の一つでもあり、男性ホルモンを自然と体内から作り出すメカニズムを改善するために行う、運動や食事など生活習慣の改善はED以外の様々な病期の予防効果を期待できます。

 

 

参考記事:メタボと朝立ちの関係

 

 

スクワットなどの基礎的な筋トレによる成長ホルモンの分泌と、睡眠後の数時間による成長ホルモンの分泌を考えれば運動と睡眠の質向上の2つを意識して生活することは非常に重要です。

 

 

参考記事:運動の基本「体幹トレーニング」初心者はまずこれ

 

 

とはいえ、運動をどうしてもする時間が無い、そもそも運動をする気力がどうしてもわかないという人の場合は、食事で男性ホルモンを増やすしかありません。

 

 

食事による男性ホルモン増化は可能?

 

亜鉛

 

食事によって増やすべきは男性ホルモンの一種であるテストステロンがターゲットになりますが、もちろんこのホルモンだけを増やすと考えるよりはバランス良く食品を摂取することが重要です。

 

テストステロンを増やすために摂るべき食品は栄養が豊富で、不足しがちな栄養素をたくさん含んだ食品が多いのでテストステロンだけをターゲットとするよりは日常的に摂取を心がけるべき食品が多いです。

 

 

食事によってテストステロンなどの男性ホルモンを増やすためにはどんなものを食べればよいのか、上記の画像でお気づきかもしれませんが、食事によるテストステロン増といえば「亜鉛」が有名ですね。

 

 

 

 

 

亜鉛は確かに精子を作り出すためには重要な栄養素ですが、亜鉛を摂取すればテストステロンが増えるとは一概には言い切れません。

 

 

 

例えば亜鉛といえば牡蠣ですが、牡蠣だけで亜鉛の必要量を摂取しようとすると6〜10個程度の牡蠣を1日食べなければならず、現実的ではありません。

 

 

 

栄養素は単体で取るよりも他の栄養素と一緒に吸収することでより吸収力がアップすることがあり、結局はバランスよく多くの食材を摂取するほうが効率的ということになります。

 

 

 

食事だけでテストステロンを増やしたいからといって、効果があると言われる食材だけを食べ続ければ栄養が偏り、結果として何らかの悪影響が出る可能性があります。

 

 

 

まずは、日本人には不足しがちな栄養素の1つである「タンパク質」をしっかり摂取しましょう。

 

 

 

この栄養素が不足すると筋肉量が低下し、男性機能低下だけでなく、基礎代謝が低下しメタボになりやすくなってしまいます。

 

 

 

これ以外にも、食事に関して気をつけなかればいけないことはたくさんありますが一言でいえばバランス良く「脂質・糖質・タンパク質」を摂取することですが、もっと細かく知りたい方は

 

 

→免疫力を高めてホルモンバランスを改善記事一覧

 

朝立ちを促進する食生活

 

 

などの記事が参考になります。

 

 

食事だけでは男性ホルモン改善が難しい理由

 

 

食事は家族で暮らしている場合、自分だけの問題ではなく家族も危機意識を持って食事改善に協力して貰う必要があります(家族もあなたと同じ食事を摂ることになる可能性が高いからです。

 

 

また独身者の場合、自炊でたくさんの栄養素を過不足無く摂取するのは経済的にも時間もかかるのでハードルが高い。

 

 

 

まずは、複合的な栄養素を含んだサプリで勃起改善のために必要な栄養素を摂取して、気力が回復し、ストレスが軽減されるなどの効果があれば運動や食事による栄養素摂取にシフトしていきましょう。

 

 

いきなり生活習慣のすべてを変えることは不可能ですので、まずはサプリという飲むだけの習慣を+することから始めます。

 

 

精力増強サプリというと、なんだかよくわからない南米産なんちゃら植物から取れた、なんとかという栄養素が豊富というサプリを想像するかもしれませんが、管理人が勧めるのは必須アミノ産やポリフェノール、鉄分などのミネラルという一度は聞いたことがあるであろう栄養素がバランスよく含まれたサプリです。

 

 

もちろん勃起に必要な「アルギニン」はマカよりも豊富に含まれています。

 

 

モンドセレクションも受賞している商品ですし、返金保証もついているので安心して使えますよ。

 

活力を応援する18種類の素材を配合!ここぞの元気に【クラチャイダムゴールド液】


ホーム RSS購読 サイトマップ
朝立ちしない原因 朝立ちの確認方法 ストレスと朝立ちの関係 勃起に効果のある食べ物